神ノ潮(かみのしお)

グエナエル・ニコラ氏の監修のもとで作られた神ノ潮(盛り塩セット)は、日本古来から伝わる盛り塩の文化に現代デザインを取り入れたアイテムです。

 

自然界がつくる美しく規則正しい六角形(宇宙銀河・雪の結晶・遺伝子)よりインスピレーションを受けて作られたガラスの器はインテリアの装飾品としても最適で、置く場所を問いません。

 

お塩は三重県の深海で搾取した海水を煮詰め、丹精込めて作られています。

 

「神ノ潮」は、伊勢神宮・内宮神楽殿に奉納をさせて頂いております。

 

 

◆内容:①御塩/100g  ②ガラスの容器/2個 ③取扱説明書

 

◆使用方法:自宅にあるスプーンを使って、2つのガラス容器の中にお塩を「すりきり一杯」入れて下さい。

 

※お塩は塩袋の中に100g入っており、4杯分(1杯:25g)使用できます。

 

◆交換するタイミング

厳格な決まりはありませんが、神道では毎月1日と15日や、新月や満月の日などが良いとされています。

ご自身のタイミングで月2〜3回程度、取り替えることを推奨しています。

 

◆処分の仕方

使い終わった盛り塩はキッチンに流す、もしくは、白いもの(白い紙やキッチンペーパーなど)に包み処分しましょう。

 

一般のゴミと一緒に処分をしても問題はございません。

神ノ潮(かみのしお)

¥22,000価格
消費税込み